巫女さんのアルバイト・本職求人情報 micoa

全国の巫女さん(常勤・非常勤)の募集求人情報のクチコミ。お正月期間以外の巫女さんもあります。

Third Plugin On/Off
 
 
このサイトについて
 

miko3kyujininfo

Author:miko3kyujininfo
「巫女さんのアルバイト・本職求人情報 micoa(ミコア)」管理人のmicos(ミコス)です。
“micoa”では、全国の神社・結婚式場などの巫女の求人情報を中心に掲載しています。
本職(正職員・正社員・常勤・正規・プロ)の巫女さん、助勤(アルバイト・臨時・非常勤・短期・パート)の巫女さん、福娘など。ボランティアや、参加料のかかるものも含みます。
応募期間が終わったものや締め切りを過ぎた求人は、リンクが切れていたり別のページが表示されることもありますが、基本的に削除はしていません。
応募の際は、ご自分の判断で良識を持って行なってください。

求人などクチコミ情報は、コメント欄からどうぞ。(非公開にチェックを入れると、コメントは一般に公開されません。)
返信はコメント欄で行ないますので、アドレスの記入は不要です。記入していただいても、個別のメール返信はいたしておりません。

お気に入りに入れていただく場合は、トップページを登録してください。それ以外のURLだと、最新の情報が表示されないことがあります。
トップページURL・・・http://jinjamikosanjoho.blog123.fc2.com/

 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
巫女の着付け用品(2)
 

用意するものは神社によって違います。指示されたものをきちんと確認して準備しておきましょう。


↓「半襦袢」はこちら
↓「半衿つきの肌襦袢」ならこちら

 
 
巫女の着付け用品(3)
 

腰紐(白、ピンク)特価品 メール便可
衿しん お買い得品 定形外郵便OK

 
 
最近のコメント
 
 
 
最近のトラックバック
 

 
 
あくせすかうんたー
 

無料カウンター

 
 
リンク
 

 
 
ま、話のネタにでも。
 

 
 
 

今年初めてお正月の巫女さんに応募しようとしている方へ。
当サイトに掲載している募集情報は、全国で募集されているうちのほんの一部です。
インターネットやスマートフォンが普及していますが、ホームページや求人サイトで募集を出している神社はまだ全体のごく少数で、実際はもっともっと多くの神社で受付をされています。

お正月の巫女さんをやりたいと思ったら、まずはお近くの神社に問い合わせるのが基本です。遠くの神社に焦って無理矢理応募しようとしないで、まず身近な神社の社務所や授与所へ。あくまでこのサイトは補助的に使ってください。(HPや求人サイトの募集は、注目されている分、競争率も跳ね上がります)

よいご縁がありますように。

 
 
 

今年初めてお正月の巫女さんに応募しようとしている方へ。
当サイトに掲載している募集情報は、全国で募集されているうちのほんの一部です。
インターネットや求人サイトで募集を出している神社は全体のごく少数で、実際はもっともっと多くの神社で受付をされています。

お正月の巫女さんをやりたいと思ったら、まずはお近くの神社に問い合わせるのが基本です。通えるかどうかも分からない遠くの神社に焦って無理矢理応募しようとしないで、まず身近な神社の社務所や授与所へ。あくまでこのサイトは補助的に使ってください。

意外と近くにご縁があるかもしれません。

 
 
 

出ました!!


神社検定 公式テキスト

第一回神社検定が、6月3日(日)に開催されます。
神社検定の会場になるのは、全国の神社庁や神社、神道系の大学など。
神社検定については公式HP↓
http://www.jinjakentei.jp/index.html

上は、その公式テキストの<1>です。

2月の発売日後すぐに管理人も購入。
監修は神社本庁で安心。とても分かりやすく書かれているので、神社の基礎知識を得るのにおすすめの本です。

こちらが公式テキストの<2>


もちろん、こちらの資格を取ったからといって、巫女さんになるのに断然有利だとかそういうことではありません。
知識で凝り固まった頭よりも、素直な心を大事にしていただきたいのは変わりません。

ぜひ、神社や日本文化のことを知りたいという純粋な気持ちで手に取ってみてください。
ご奉仕経験がある方も、きっと新しい発見がありますよ。

(出願の期間は5月10日までとなっています。)

Amazon.co.jp通販サイト

 
 
 


神田明神監修の巫女さん入門シリーズの続編がついに発売されました。
待望の第2弾は、「巫女さん作法入門」。
「巫女さん入門 初級編」に続き、こちらは「中級編」という位置づけです。

<初級編との違い>
毎年神田明神で開催されている巫女さん入門講座・中級編をベースに構成されています。
「初級編」では巫女装束の着付けが掲載されていましたが、今回は、袴のたたみ方などを紹介。
また、特集として、巫女舞(豊栄舞)の舞い方を写真で詳しく解説。神前式の内容についてや、茶道の作法など、より実践的な本になっています。

歩き方や和室での作法など、基本的なことも収録されているので、前作をまだお持ちで無い方も、この本からまず読み始めても違和感なく入っていけると思います。

初級編に引き続き、おすすめです!


↑初級編(2008年刊行)


(おまけ)
最近出版された巫女さん関連の書籍ということで・・・。

「巫女」というものについて、いろんな文化や歴史の観点から迫った本です。
といってもそれほど堅苦しい学術本ではなく、サブカルチャー的読み物。
神社における巫女の立場や仕事、装束の構造や着付けなどか妙に細かく書いてあったり、最後は昔の巫女や外国の巫女の話にまで及びます。
なかなか興味深い本でしたが、これから実際に神社や式場で巫女としてご奉仕したいと考えている方には、もちろん「巫女さん入門」シリーズのほうが実践的でお勧めです。

(おまけ2)

巫女さんについて書かれた本というわけではありませんが・・・。

こちらの著者、近藤麻理恵さんは、神社で5年間巫女としてお勤めされたことがあるそう
画期的な「片づけ」の本です。
ご自身が元巫女であることを特に売りにするわけでもなく、文章のほんの一部に記述があります。
女性ならばきっと共感できる、「ときめく」本です。
面白かった!

 
 
 

高校生や大学生などで、お正月の巫女さんが初めてのアルバイト応募だった、という方も少なく無いようです。
でも、初めてでもマナーや礼儀は守りましょう。
問い合わせの電話やメール一つでも、合否が左右されることも・・・。

有料の本を買わなくても、マナーの勉強はできます。
求人サイトの役立つページをリンクしておきましたので、参考にしてみて下さい。

<電話>
神社も忙しいので、分かりやすく要点をまとめてからかけましょう。
挨拶やお礼の言葉もとっても大切です。

電話での会話例(イーアイデム)
http://contents.e-aidem.com/baito/www_contents/manual/plan/int_e-aidem_manu002.html

<メール>
メールでの応募も、「よろしくお願いいたします」等の挨拶は忘れないようにしたいですね。
名前やアドレスなど必要事項だけを書いたメールでは気持ちが伝わらないし、失礼です。

・メールのマナー(めるバイト)
http://www.merubaito.com/data/1/contents/oubo.jsp
・メールの作法、文例(リクナビ)転職サイトですが、参考になります。
http://next.rikunabi.com/03/mail_sahou/mail_sahou_01.html

<履歴書の書き方>
丁寧な字は好印象です。
もちろん、写真がプリクラとかスナップ写真というのは絶対やめましょう。

・間違った書き方の例(フロムエー)
http://froma.yahoo.co.jp/info/edit/resume/resume_top.html?mp=1
・書き方と、履歴書郵送の際の注意点(イーアイデム)
http://contents.e-aidem.com/baito/www_contents/manual/plan/int_e-aidem_manu004.html

<面接>
巫女さんの面接では、身だしなみ(派手で無い格好、清潔感)も特に重要です。

面接の基本マナー(an)写真入
http://select-baito.weban.jp/contents/arubaito_manual/step_3_01.html

<その他の注意>
募集で、「アルバイト」という言葉を使っていない神社に応募する際は、こちらも「アルバイト」という言い方をしないほうが無難です。
神社のHPを見て応募する場合、アルバイトと一切書かれていなくて「助勤」「助務」「奉仕者」「臨時巫女」などの言葉を使われている場合は、同じ言葉をこちらも使って問い合わせをすれば良いでしょう。

「奉仕って、アルバイト料もらえないの??」という疑問をたまに聞きますが、お給料について書かれていなくても大半の神社でいただけるようです。
しかし、実際に、バイトでなくボランティアだったり、お金でなく記念品をいただいたり、というところも中にはあります。
ですから、お正月の巫女=アルバイトと決め付けるのはよくありません。

また、こちらからお給料のことをたずねるのも、印象を悪くすることもあります。
就職の面接でも言われることですが、給料や休みなどの待遇ばかり質問すると、やる気があまり感じられない、等。
神様にご奉仕したいという気持ち、参拝者に気持ちよく新年を迎えて欲しいという気持ち、巫女さんの姿に純粋に憧れている気持ちを大事にして、のぞんでください。

 
 
 





みんな、こんな本を待っていた!
「巫女さん入門」という本が出版されました!

毎年入門講座を開いている、東京の神田明神の監修です。

内容は、
巫女装束の着付け(白衣の着方、緋袴の履き方、千早の紐の結び方まで!)、巫女さんの一日のお仕事、正座の仕方などの作法、神社の基礎知識、大祓詞(祝詞の一種)のとなえかた、どうしたら神田明神の巫女さんになれるの?などのQ&Aなど、盛りだくさんで、今までになかなか無かった本です。

本職の巫女さんに憧れている人も、巫女バイトの経験はあるけどもっと知りたい人も、巫女さんをみているだけで幸せな気分になるという人?も、みんな必携。

写真やイラストがいっぱいで、読みやすい本です。

マンガとかの世界だけじゃなく、現実的な巫女さんのイメージを持つのにぴったり。
面接前の参考にもしてみては。

「巫女さん入門 初級編」
朝日新聞出版から、1470円。


Amazon.co.jp通販サイト
楽天ブックス

オンライン書店ビーケーワン

 
 
 

「結婚式場の巫女さんの求人を見たけど、どんなことをするんだろう?」
「お正月の巫女バイトは見当がつくけど、神前式のバイトは見たこともないから全然わからない」
と、結婚式の巫女アルバイトに興味はあるけど内容が分からないという人はいませんか?

今回は、簡単に結婚式場やホテルでの神前式における巫女さんの主なお仕事内容をご紹介します。

典型的な神前式場の内装

典型的な神前式場の一例です。
真ん中の席が、新郎新婦で、両脇が家族・親戚など列席者の席。
向かって右奥に神主さん、左奥に巫女の席があることが多いです。
(式場によっては、もっと凝ったデザインだったり、配置が違うこともあります)

新郎新婦入場の先導

新郎新婦が入場する際、巫女が先導することがあります。
(この写真の式場の場合は雅楽の生演奏があるようですが、式場によって、BGMはテープだったり生演奏だったりと違いがあります)

三々九度

神前式で一番大事な巫女の仕事が、「三々九度」です。
三献の儀(さんこんのぎ)と言うこともあります。
一人が盃を渡し、もう一人がお酒を注ぎます。
(式場によっては、片方の役を神主さんがやる場合もあります)

三々九度・お酒を注ぐ

この三々九度の後、指輪交換があり、新郎新婦に渡します。
(神主さんがやる場合もあります)

玉串を渡す

新郎新婦が神様に拝礼する際に、玉串を渡します。
玉串のささげ方を新郎新婦に簡単に説明したりします。

式場の中には、この後巫女の舞がある場合もあります。

親族かための盃

式の最後に、両側の親族の席に、一人一人お酒を注いで回ります。

以上が、ほとんどの神式に共通する巫女さんのお仕事です。
式自体は1件20分~30分くらいですが、式の前に盃を並べたりする準備や、式の後、片付けもあります。
式の最中に、参列者に「ご起立ください」「ご低頭ください」などの案内をすることもあります。

式場によっては、式の前に巫女が参列者にお茶をお出しするところもあるなど、多少異なってくることもあります。

式次第は、アルバイトに就いてから覚えれば十分ですので、今のうちから勉強しておく必要はありません。
まずは応募してみましょう。

(写真提供:梅さま)

トップページへ

 
 
 

アルバイトや正職員の巫女に応募すると、選考があります。
内容は、神社によって様々です。
履歴書を提出するだけの「書類選考」のみの所、
面接も行なうところ、
筆記試験も課すところ、
など。

アルバイトの場合は、正社員の採用に比べ簡単な内容になると思いますが、

その中で、必ずといっていいほど聞かれるのが「志望動機」。
他のアルバイトや就職と同じです。

そこでお勧めなのがこの本。



「平成の巫女」。
現代の、実物の巫女さんにインタビューを行なって書かれた本です。
本職の巫女さん中心のようですが、実際の巫女さんの仕事についてイメージをつかむことができます。
漫画やアニメの中の巫女のイメージしかないとなると、困りますね。

面接や書類の志望動機を答える際に、ヒントになるのでは。


あと、参考までに面接や筆記試験の対策に。



就職とはありますが、アルバイト応募の対策にも使えるはず。
その手の対策本はたくさんありますが、高校生レベルで面接も筆記もカバーしている本は珍しい。


他に、対策としては、履歴書などの応募用紙の字は丁寧に書くこと
当たり前のことですが、巫女さんにとってきれいな手書きの文字はかなり強みになり、印象がグッと良くなります。
書類選考のみの場合は特に、大きいと思います。


★【日ペンの美子ちゃん】でおなじみ >>> ボールペン習字講座


トップページへ

 
 
 

お正月の巫女アルバイトは、とても寒いです。
しっかり防寒対策をしましょう。
いくつかポイントがありますので、お勧めの防寒対策をご紹介します。
画像をクリックすると詳細が見られます。


まず足元の対策から。
ネル裏(足袋の内側が起毛)が暖かくてお勧め。



普通の足袋は履く時「ヒヤッ」としますし、薄いものは外気や床に触れた時とても冷たいです。
裏がフカフカの足袋はありがたいですよ~。
(上の写真のものは480円←激安)


もう一つお勧めなのが、足袋カバーと靴下用カイロの合わせ技です。



↑これが足袋カバー。(激安のものをリンクしておきました)
足袋の上に履いて使います。足袋を白く保てる上、暖かい!

靴下用カイロを足袋の上から貼って、足袋カバーを履くとすごくあったかいです!



靴下用ですが、足袋にも使えます。


そして大事なのが、インナー(ババシャツ)の選び方。
色は、白が基本です。
冬用は黒系が多いですが、巫女さんの装束の下には黒や派手な色は避けます
実際に、アルバイト巫女さんで黒のセーターみたいなのを着ていて袖から丸見えの人を見たことがあります。
清楚な巫女姿が台無しですので、白か肌色系で。白が一番無難です。

襟は、Vネックのものがお勧め。
タートルは不可、丸首のものもはみ出て見えるものがあるので注意が必要です。


↓このようなものがお勧め。



袖が長い場合は折り曲げて見えないようにします。
七分袖など、少し短めのものが便利。

袴の下に着るスパッツ(ステテコ・タイツ)も、同様に黒はやめましょう。
歩く時や階段で袴の裾から黒いものがのぞくと、巫女姿に似合いません。




<ちょっとリッチな人へお勧めのインナー>(笑)



ミズノのブレスサーモは発熱するインナーで、薄手でも暖かいです。
このシリーズは実際に使用したことがあるのでお勧めできます。
女性用は襟の部分があいていて巫女用にも便利。
男性用は売り切れ続出だとか。

<すごくリッチな人向けのインナー>(誰が買うんだろう・・・)



↑驚きの値段○万円。
ドイツ製のアンゴラ。温かそうですが、普通の人間には買えません。



<おまけ>



新聞でもおなじみエベレストでも暖かい(笑)インナー。
誰か試したことがある人は効果のほどを教えてください。


すべて、画像をクリックするとお値段や詳細が見られるようにしてあります。

トップページへ

 
 
 

ご存知ですか?巫女さんをするのに必要な着付けの小物。

巫女さんのアルバイトをする時は袴を着用しますが、その時に和装用の小物等が必要です。
袴や、白衣といわれる着物は貸してもらえますが、それ以外のものは自分で用意しなくてはならないことが多いです。
振袖などの普通の着物とは必要なものが違います。必要なものと必要ないものを知って、早めに準備しておきましょう。

<必要なもの>
肌襦袢巫女装束着付け

1.「肌襦袢」(はだじゅばん)です。
ブラやキャミソールなどの上から、和装の肌着として身につけます。
(参考価格1627円)(126235)

長襦袢巫女装束着付け

2.「長襦袢」(ながじゅばん)です。
肌襦袢の上から身につけます。
白い衿がついていて、巫女装束の白衣の衿の下からちらりと見えます。
袖からものぞきますので、かならず「白」のものを用意します。
色つきのものが多いのでご注意。
写真のものは二部式で上下分かれていて便利。
洗えるものが便利なのでお勧めです。
(参考価格4095円)(239633)

衿芯巫女装束着付け

3.「衿芯」(えりしん)です。
長襦袢の衿の部分に入れます。
学生服のカラーのように、衿をしゃんとさせることができます。
巫女さんの衣装のきりっとした着こなしに必須です。
(参考価格210円)(23489)

腰紐巫女装束着付け

4.「腰紐」(こしひも)です。
白衣や、襦袢を着るときにこの紐で結んでとめます。
袴から見える可能性がある小物なので、「白」を選びます。
ピンクなどが多いのでご注意。
巫女装束の着付けには2~3本は必要です。
(参考価格210円)(126245)

白足袋巫女装束着付け

5.「足袋」(たび)です。
かならず「白」の足袋を買います。
高いものはかなり高いですが、相場は1000円前後~2000円くらいです。
汚れると、巫女さんの清浄さが失われますので、毎日取り替えるのはもちろん、予備も準備しておきましょう。
ご奉仕の日数分は最低でも用意しておきましょう。
(参考価格682円)(233719)

色々揃えるとお金がかかって大変だと思われるかもしれませんが、これらのものは普通の着物にも使えるので、将来きっと役立ちます。


安くて良心的なお薦めのお店!

上で紹介している写真・価格はすべて「京都きもの市場」というネットショップのものです。
普通の呉服屋さんで買うよりもずっとお安いですよ。
サイト内で商品を検索する時には、上記の参考価格の後の番号を入力するだけで簡単に探せます。
↓送料も安く、5250円以上購入で無料なので良心的↓


きもののことなら京都きもの市場へ!



おまけ<逆に必要ないもの>
巫女さんの袴の着付けには、高価な補正下着や和装ブラジャーなどは必要ありません。
帯枕や帯板、半幅帯なども必要ありません。

(注)神社によって、用意が必要なものが多少異なることがあります。

巫女装束 着付け 着方 読み方 通信販売 格安 激安 着付 通販 巫女服 構造
トップページへ

 
 
 
 
サイト内検索
 

 
 
応援メッセージが授与される
 

 
 
巫女の着付け用品
 

380円 足袋 メール便可

寒い時期なら「ネル裏」の足袋がお勧め
↓こちらはメール便も可

 
 
RSSフィード
 
 
 
おみくじ
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
~おすすめ書籍~
巫女を目指す人は必携の書
 


↑第一弾。

待望の続編。

 
 
リンク
 
 
 
袴ギャラリー
 

卒業式レンタル 小振袖 ki0059
カラメル

 
【着物・袴セット】赤紫大矢・ピンク地紋格子
 

【着物・袴セット】黒地青花青袴
カラメル

 
【着物・袴セット】黒地赤花赤暈し袴
 

【着物・袴セット】紫矢絣・紺無地
カラメル

 
 
PR